短縮できるケース

「3週間かかっていた工程を3日に短縮できた」。
自動車部品に使う鋳物の製造を手掛ける中小企業「コイワイ」の小岩井豊己社長は、
本社内に置かれた業務用の3Dプリンターを前に笑顔を見せる。
鋳物は、溶けた金属を砂で作った型枠(砂型)に流し込み固めて作る。
飲み会コンパニオン

自動車部品など複雑な形状の砂型を作製し、工期の短縮や機能向上を図った。
従来3週間かかった試作工程が、3日程度に短縮できるケースもあったという。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">